top of page
  • 執筆者の写真awano

合併処理浄化槽工事

現在、公共下水道が自治体によって整備され池田町、神戸町、揖斐川町でも下水道を利用される方が多くなっていますが、地域によってはその整備計画外であり下水道が使用できない地域も存在します。

実は弊社の所在している地域もその一つです。

そういった地域では、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換が一般的となっております。


・掘削

深さ2mくらい掘削します。

崩れてくると、とても危ないので矢板等によりしっかりと土留めを施します。


・コンクリート打設

捨てコンクリートを打って、ベースコンクリートの配筋をします。


・ベースコンクリート打設

浄化槽本体を設置するために、ベースコンクリートを水平に打設します。

実際に浄化槽を設置する際には、砂を敷き均しその上に浄化槽本体を設置します。


・浄化槽本体設置

土留めとの空間はあまりないので、気を付けながら浄化槽本体を重機で下ろします。


・水張り

安定させるため埋め戻す前に既定水位になるまで水を張ります。

水張り終了後、浄化槽から水が漏れていないか確認をします。

水平もちゃんと確認します。水平命です。


・埋戻し

一定の間隔で水をかけて砂を締めながら、突き固めを行い、浄化槽を埋め戻します。


・配筋

浄化槽上部コンクリートの配筋を行います。


・完成

上部コンクリートの打設をして、浄化槽本体の設置は完了です。

この他に、接触ばっ気槽に空気を送るブロアーの設置、

排水設備工事(生活排水配管を合併処理浄化槽へ接続、放流間の配管)を施し完成となります。


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page